☆★こたつでみかんとビールにえだまめ★☆
20代、(♀)アルバイト先生が、日々思うことを徒然につづる脱力系(?)ブログ。 ※リンクフリーですので、ご自由にどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

己の欲せざらんところは・・・

にほんブログ村 教育ブログへ←1日1クリック有効☆


   ◇  ◇  ◇


クロスインターネットならリンククラブ


   ◇  ◇  ◇

どうも、きょうこです。


今日は新5年生の1組の授業でした。いつものように、
私は、授業を終えて自分のクラスの生徒を送り出した後、
自分が使った教室を掃除していました。

隣の教室は、同じ新5年生の2組が算数の補習までの間の、
お弁当(夕飯)の時間です。

男の子たちは食べ終わるのが早いのか、
もうドタバタ騒ぎ始めています。

本来なら「遊んでる間があったら勉強しなさい!」なんて
言うべきなんでしょうが、学校から帰ってすぐ
塾に来て、今の今(20時前)までずっとお勉強していたんです。

遊びたい盛りの年頃の子たちに、お勉強ばかりではかわいそうなので、
多少のドタバタは大目に見てました。

相変わらず隣からは、楽しそうにドタバタじゃれあう音が、
ひっきりなしに聞こえてきます。


それでもしばらくすると、
「せんせ~、せんせ~い、たすけてぇ~。」
と呼ぶ声がします。

「やれやれ、うるさいのが呼んでるぞ。」なんて思いながらも、
反面、私のかわいい生徒たちに呼ばれて、うれしかったり(笑)。

隣の教室をのぞいてみると、
さっきまで楽しそうに遊んでいた男の子たちが、
なんだかちょっと険悪ムードになってます。

状況がよくつかめない私。
「・・・え、どーしたの??」

すると、さっき私のことを呼んだ生徒が言います。
「せんせい、この人たちが俺のことしつこく殴るんです。」

すると、すかさず“この人たち”の一人が言います。
「せんせい、こいつだっていっぱい殴るよ!」

「いや、ちがうよ、お前ら俺のこと寄って集って叩くじゃん。」
「何言ってんだよ、お前だっていっぱい叩いてくるくせに~。」


・・・聞いてるほうは、全くもって、よくわかりません。
よくわからんけど、子供らしくてカワイイなあと思うだけです(笑)。

でも、「カワイイなあ」では場が丸く収まらないので、
しょうない、両方にお説教することにしました。


私:「むかしむかし中国に、孔子先生っていう、
偉いオジサンがいたの、みんなは知ってる?」

生徒:「え~、誰それ?!」

私:「二千年も前の話だけどさ、その頃、この孔子っていう偉いオジサンはね、『己の欲せざらん所は、人に施すこと勿れ』って言ったんだよ。」

生徒:「なんじゃ、そりゃ?????」

私:「(そりゃそうだわな。)これはね、みんなが保育園や幼稚園の先生にもさんざん言われたことなんだよ。」

生徒:「え~、何々??」

私:「自分がされて嫌なことは、人にはしちゃイケナイってことだよ。二千年も前に、孔子って言うオジサンが言ってるにもかかわらず、今でも保育園や幼稚園、小学校の先生はそうやってみんなのことを指導するでしょ?」

生徒:「うん。」

私:「人間、何千年経ってもまだまだ同じことがうまくできないんだよ。だから、気をつけてないとついつい人に嫌なことしちゃうんだよね。楽しく遊んでいるうちはいいけどさ、お互い仲が悪くなったりしたらつまんなくなっちゃうじゃん?先生はみんなに楽しく塾に通って欲しいよ??」


・・・とまあ、こんな感じにお説教したら、
生徒たちはなんとなくわかってくれたようで、
その後は楽しく遊んでました。

でも、これって、子供なんかより大人のほうが
意外とできていないと思うのは私だけでしょうか?

例えば、飲みすぎで電車に乗って、電車の中でけんかしたり、
わけのわからないことをわめいたり、座席に吐いちゃったりする大人、
しばしば見かけますよね、特に中央線(苦笑)。
それに、酔っ払いじゃなくても、痴漢とか・・・。
(まあ、そんな人はごくごく一部だけど。)

でも、小さい子供ってそんなことしない。
せいぜいたまに大声出しちゃったりしてうるさいだけで、
大人なんかよりずっとマナーがましだったりする。

本来なら大人のほうが子供より出来がよくなくちゃいけないけど、
悲しいかな、大人のほうがそういう意味ではアホなんですよね。

私も塾に入社して、“先生”とか呼ばれちゃって、
なんだかそれなりに振舞ったりしてるけど、
間違えてもそういったアホな大人にならないようにしないといかんな、
と、生徒たちを諭しながら、自分も教えられました。


私の上司が言っていたことを、思い出しました。
「世の中、“先生”と呼ばれてる人間ほどバカな奴はいない。
俺は常にそう自分に言い聞かせている。」

そういうのって、一理も二理(二理なんて言わないけど。)もあるな、
と、思いました。

大人になると、“大人”っていう立場に甘んじて、
子供の頃にはできたことができなくなってしまう人、
結構多いんじゃないかって。

いやはや、子供からはいろいろ学ぶんですね。
私が<子供に教えている>なんて言ったら、
本当におこがましいくらいに。


にほんブログ村 教育ブログへ←よろしかったら、クリックしてください。

スポンサーサイト


  1. 2006/02/24(金) 01:27:39|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

教師の本気は生徒に届く?

にほんブログ村 教育ブログへ←1日1クリック有効です☆


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、

    エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう

▼2800社以上の広告主の中から、

  ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



どうも、きょうこです。

今日で、中学受験生のクラスの授業も、3週目です。
生徒たちも、私に対して次第に打ち解けてきて、
多少緊張感が薄れてきたようです。

思春期の始まりとはいえ、まだまだ子どもの11歳の子たちです。
本来なら、楽しく和気あいあいやっていきたいところですが、
相手は小さくても、立派な受験生(^^;。
甘やかしたら、一番損をするのはこの子たちです。

だから、ほんのちょっと隣とお話をしたり、ダレたりしても、
「そんなことしたら(志望校に)落ちやすくなるよ!」
と喝を入れます(ちょっとかわいそうですが・・・。)

でも、やはり子ども。
「落ちる」といっても、あんまり自分が落ちた時のこととか、
想像できないみたいです。すぐダレる(苦笑)。

こっちだって怒りたくはないし、全然頭にきてるわけじゃないけど、
やはり、怒ったフリをしないとダメな感じでした。
(実は、この“怒ったフリ”ってかなりのストレスになるんですよね。
自分が先生になって初めて気がつきました。)

「授業中に遊びたくなったり、ダレちゃったりするのは、
全部“甘え”だよ。
甘えれば甘えるほど、合格しづらくなるんだよ。
そんな当然のこと言わせないでよ。もう1年きってるのに。」

わざと怖い顔とドスのきいた怖い怒鳴り声で言います。
でも、みんなはぽかんとしてます。

「この中学受験であなたたちの6年先の人生はだいたい決まるんだよ。
・・・10年先もある程度しぼれてくるよね?
私はみんなに志望校に受かって欲しいよ。他のもっと頭のいい塾のヤツなんかに負けて欲しくなんかないよ!
だって、私は授業に命かけてるモン。私の授業でみんなの人生の一部分が決まっちゃうんだから。
だから、みんなにも本気で授業受けて欲しいんだよ。
間違っても甘えて欲しくなんかないんだよ!!」

正直、子どもなんだから多少は甘えて欲しい。
でも、甘えは受験には禁物なもの。

確かに授業は本気の大真面目にやってるけど、
甘えて欲しくなんか・・・大いにあるのが本音です。
甘えるななんて、本当は言いたくない。

でも、来年の2月1日には、教え子には笑顔でいて欲しい。
間違っても「できなかった。」とかいって
泣いて欲しくはない。

だから、腹にないことでも、平気でウソをつく。
大真面目なフリをして。

でも、やっぱり教え子がかわいいのは、メチャメチャ本気。
そこは、子どもでも伝わるんでしょうね。


私の嘘っぱちの怒鳴り声にも、
真剣に答えてくれる。
顔色が変わる。

今までなら授業が終わると一目散にみんな帰ったけど、
今日は自習していく子がかなりいる。


言葉は大嘘・・・でも、腹は本気。
教師の本気って、伝わるんですね。


にほんブログ村 教育ブログへ←よろしかったら押してください。



  1. 2006/02/21(火) 02:10:55|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

◇仕事と自己成長◇

 ◇  ◇  ◇

空席を確認しながら海外格安航空券を簡単予約!
エアナビ.com

 ◇  ◇  ◇


どうも、きょうこです。

仕事柄、小学生から高校生までと、
いろいろな年の子どもたちと接するんですが、
いずれにも共通するのは、子どもって目が輝いてるんですよね。

たまに「日本の子どもは目が死んでて、外国の子どもは輝いてる」
とか聞くけど、日本の子どもだって、日本の大人に比べれば
ずっと輝いてると思う。


子どもたちと一緒にいて、
夕闇の窓ガラスに私たちの顔が映し出される。

何気なく自分と子どもたちを比べると、
・・・・一目瞭然だ。

いままでも、それなりに必死で生きてきた。
たぶん、これからも必死で生きていくだろう。

でも、そうやって生きているうちに、
大事なものを随分、置き忘れてきた気がする。
仕事を頑張れば頑張るほど、生きることに必死になればなるほど、
どんどんと、輝きは消えていくのでしょうか?


私は、授業が終わったら、自分が使った教室を掃除する。

清掃員の方に定期的に来ていただいているから、
別に私が掃除なんかしなくてもいい。
だれも普段、掃除なんかやらない。

でも、私は掃除をする。

自分の教室を好きになるために、
自分の生徒たちを好きになるために、
自分の仕事を嫌いにならないために、
生きていくのが嫌にならないために。


むかし高校のとき、嫌いな先生がいた。いつも掃除していた。
秋、葉を散らすケヤキの下で、いつも竹箒で葉っぱをはいていた。

掃除なんて、私にとってはやらされるものだった。
自分からやるもんじゃ、絶対になかった。
人が見ていてくれなければ、出来るもんじゃなかった。


今は、だれもいない一人の教室で、床を拭いている。
あの時から、私は随分、成長した。
あの時の私には、絶対出来ないことをやっている。

雑巾で拭いている床は、キラキラ輝く。
雑巾で拭いている私の輝きを、吸い取っていく。


あの時の先生と、今の私は、一緒かな?


なんだかちょっと疲れたので、
ブルーハーツのCDを帰りに買いました。



どれも、名前は知らないけど、知ってる曲ばかり。
高校の学園祭、近所のライブハウス、
むかし、あっちこっちでさんざん聴いて、さんざん歌った曲ばかり。

自然と身体が動いてた。そういえば、
こんな音楽、大好きだったよね?


遠いむかしのキラキラした記憶が、たくさん出てきました。

不思議と涙はでませんでした。


にほんブログ村 教育ブログへ←よろしかったら、クリックしてください。



  1. 2006/02/20(月) 13:09:13|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

☆引きこもりJAZZ日記☆

どうも、きょうこです。

今日は、本っ当ーに久しぶりの休日です(≧▽≦)♪キャッ!!
だから、最近なかなか出来なかった「ひきこもり」を
満喫しています☆☆☆(不健全ですね…。)

商売道具の国語の参考書でとっちらかった部屋の中に、
安CDプレーヤーでJAZZ全開かけながらブログ更新してます(笑)

私は、クラッシックもJAZZも結構好きです。

吹奏楽やるようになってからずっと聴いているので、
高校生くらいから聴いていることになるでしょうか?
すいぶん親父臭い女子高生だったんですよ(笑)!!

で、肝心の今聴いてるCDの曲名ですが、
大昔(高校のとき)購入したやつで、
しかもスイングのオムニバスになっちゃってるもんだから、
だれのなんて曲か分からないんですよね。アハハ(^^;。

たしか、チェットベイカーとか(?うろ覚え)入ってたと思った。

このCD、たしか地元の音楽マニア専門店(行き着け★)で、
高校生の時買ったんだけど、2枚組で4000円もした記憶が…。

高校生にしちゃ超ー大金でした。
でも、安月給の今では絶対手が出ない値段★。
大人より子どもの方が金持ちだって、絶対(笑)!!

んで、大金はたいてスイングのCD買ったのに、
ベニーグッドマングレンミラーカウントベイシーも入ってなくて、
半泣きになった記憶があります(笑)。

当時の私は、そのくらいしか知らなかったのよね。

でも、何年経っても、こういう曲って聴くに耐えるんですよね。
こういったところがPOPSにはない、
JAZZクラッシックの魅力ですね。

取りとめのない引きこもり音楽日記でした☆

にほんブログ村 教育ブログへ←よろしかったら押してください。




  1. 2006/02/17(金) 17:37:57|
  2. ♪音楽を愛し人を愛せ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

進化させます、マイブログ!!

どうも、きょうこです。

少しばかり、ブログの更新が滞ってしまいまして、
申し訳ありませんでした。m(__)m

実は、ブログのテンプレートやアクセスアップ対策諸々、
裏方の作業をいろいろやっておりました。

先日、登録するだけでアクセスアップが出来るという、
某サイトに登録をしました。

今まで、どんなにお客さんが見に来てくれても、
1日30人程度だった私のブログでしたが、
試しに登録してみたら、なんと!!
2日で1000人を軽く超えるようになりました!!
(・・・すごい!!)

それが、↓このサイト↓


もちろん無料です。

本っ当ーに、ホイホイ集まる(笑)!!

お蔭様で、FC2(このブログのサーバー)内の教育カテゴリーで、
20位を獲得いたしました!!

ご自分のブログを宣伝したい方は、オススメです。


アクセスアップの次は、テンプレートを変えてみました。
前の、海のテンプレート、すごく好きだったんですが、
文字がすごく読みにくい・・・。

私は、一度に結構な容量を書くことが多いので、
泣く泣く今のテンプレートに変えました。

テンプレートにあわせて、プロフィール画像も変えました!!
(前はオカヤドカリだったんだけどね。)

アバター作りに初挑戦してみました。
このブログのプロフール画像は、
こちら↓のサイトで作りました。(もちろん無料♪)
http://www.moeruavatar.com/

アクセスアップもアバター作りも無料で出来ちゃうなんて、
時代は変わるモンですね(笑)。

にほんブログ村 教育ブログへよろしかっらた押してください。



  1. 2006/02/16(木) 14:42:59|
  2. ブログ進化☆大作戦|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

♪自然体でいけば・・・♪

どうも、きょうこです。


先週は、受験クラスの、新年度一発目の授業が山盛りでした。

それが何だか自分的にうまくいかなくて、結構深刻になってしまっていました。「中学受験クラス」っていうプレッシャーに、食われてしまっていたのかもしれません。

しかし今日は、2回目ということで、大分肩の力が抜けてきた様子。

先週は、生徒さんたちがあんまり可愛くないように見えて、非常に授業がやりにくかったのですが、今日は何だかすごくやりやすかったし、とっても楽しかった。

私が楽しいと生徒さんも楽しいようで、教室の空気がよくなった。


・・・何事も、自然体ってイイですね。

にほんブログ村 教育ブログへ←よろしかったら押してください^^。



  1. 2006/02/14(火) 00:48:02|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アイラブ☆せっけん

どうも、きょうこです。


最近のマイブームは、せっけんです。
それも「無添加」とか書かれたヤツが、私的にアツイんです。

何でかと申しますと(似たようなこと前にも書きましたが)、
「無添加なら、安くてもいいかな??」なんていう、
免罪符的な安心感があるから(笑)です。

それに、普段は9割方外食で、マ○ド○○ドや松○などの、
ジャンクフードが大好物なんです(^^;)。
20年後、生きてるかしら(苦笑)??

もうすぐ20代半ば、「お肌の曲がり角」(古い?)を
迎えるにあたって、生活全般を見直さなければなぁ・・・。
とマジメに考え始めていたんです。

でも、朝から深夜まで働いてる今の生活では、
食生活を変えていくのは、カナリの負担。
だったらせめて、それ以外のところから変えていこうじゃないの。

・・・ってな訳で、ますはコスメから変えてみました。


まずは、ボディーソープとシャンプー&リンスを、
「せっけん」に変えてみました。

体を洗う石鹸は、手洗いや、
時にはシャンプーにも使えちゃう(ビックリ!)ので、
すごく便利♪

しかも、普通のボディーソープよりカナリ割安!!

このときに使う石鹸は、「せっけん素地100%」とか
書いてあるのが、私的には好きなんです。

こういうの↓(無添加せっけん)
無添加 白いせっけん 3個

洗い上がりの肌のカンジが、いいんです。
下手なボディーソープなんかより、全然いけるんですよね~。

値段も、大き目のせっけんが、だいたい一個100円くらい。
うちは2人暮らしだけど、一個で1ヶ月は余裕で持ちます(^^)。


あと、シャンプーもせっけんにしました。
うちの彼はアトピー持ちで、いつもボリボリどこか
かいてます(カワイソウ・・・)。

せっけんのシャンプーって、敏感肌にいいって聞いたことあったので、
思い切って切り替えてみました。

せっけんのシャンプーには、髪のごわつきをおさえるために、
専用のリンスを使います。↓(無添加せっけんシャンプー&リンス)
ランウェル 無添加せっけんシャンプー400mlランウェル 無添加ヘアリンス400ml

私は↑のシャンプー&リンスを使って3ヶ月になりますが、
かなりのお気に入りです。

とにかく、普通(合成)のシャンプーに比べて、泡切れが早いし、
髪の乾きも早い!!

お風呂で身体を洗う時間が短くなって、
湯船にゆっくりつかれるようになりました(^^)♪

たしかに、せっけんシャンプー特有のごわつき感はありますが、
専用のリンスをたっぷりつけて、少し置いてから洗い流すと、
髪を乾かした後はさらさらになりますよ。

せっけんそのものをそのまま洗髪に使ってもいいんですが、
いままで使ってた普通のシャンプーとは勝手が違うので、
初めて使う方は、せっけんシャンプー&リンスがいいですね。

さて、アトピーっ子の彼のせっけんライフの感想は、
「わるくはないね。」です。
彼はあんまり変わらないらしい。


でも、私はといいますと、極度の感想肌で、
冬はひじや太ももにあかぎれが出来てしまうほどだったのが、
今年の冬は、特に手入れをしている訳でもないのに、
かさかさしなくなったんですよね、これはスゴイ☆☆

自然派せっけん生活、何気にオススメです♪♪

にほんブログ村 教育ブログへ←よろしかったら、クリックしてください。




  1. 2006/02/12(日) 00:10:44|
  2. ◇脱力☆自然派生活◇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

見えない恐怖☆保護者の存在(笑)

にほんブログ村 教育ブログへ←よろしかったらポチ!!


どうも、きょうこです。

突然ですが、明後日は、小6受験クラスの保護者会です。

私は、中受の国語科担当なので、もちろん出席です。
保護者の前でプレゼンやらなきゃならんのです。


正直、メッチャ気が重いです。


中学受験って、本人より保護者さんの方が何倍もやる気だから、
そういう点では高校受験より難しい・・・。

子どもはまだ思春期前で、「人間」というよりはむしろ、
「人間になりかけ」といった方が適当です。

無論、忍耐とか努力といったのは発展途上。
我慢っていうことも、あんまりできません。
正直、日本語も、日常会話より上のレベルはできません。

そういう生徒さんたちに、都立の高校入試レベル(時にはそれ以上)の
知識と常識を詰め込むんですからね・・・。

生徒さん本人も相当大変だけど、教える方も大変ですよね。
まあ、それが仕事だから当たり前ですが・・・。


遊びたい盛りの生徒さんたちに、
半ば強制的に勉強させるんですから、
生徒さんたちからは、「やだめんどくさい。」
「やりたくない」「このせんせいやだ、まえのせんせいがいい」
「せんせいオニ」・・・・。文句垂れられまくりです。

マジ、本音ではぶっ飛ばしてやりたくなります(笑)。
「だれが受験するんだってーの?!甘えんじゃねーよ!!」って。

本来なら、ここで厳しく怒鳴り散らして、
そういった甘え心を引っ込めさせるのが、
先生のお仕事なんですよね。
(最近では、先生が生徒に手を上げるのは厳禁ですが、
私の子どもの頃は、そんなこと言ってたら先生にぶん殴られました。)

しかし、授業をしてると、生徒たちの背後に保護者の影が
チラリチラリと見えるような気がして、
ビビってしまって強く出られません。


嗚呼、私ってダメな先生・・・。


子どもって、本当にわがままで、なまけもので、自分勝手な生き物。
それを一つ一つ修正していくのが、教育って言うんでしょうね。
生半可じゃやっていけないですよね。

本人も指導する方も、本当に大変だもん。
甘いことやってたら、ゆくゆく損するのは子ども。

甘えなんて許してはいけないはず・・・。
事実、やる気のない生徒さんの「甘え」に時間を裂かれるくらいなら、
やる気のある生徒さんたちの可能性をもっともっと伸ばしてやる方が、
塾も家庭も利があるっていうもんですよね。

ここは小学校じゃなくて、塾なんだから。
「やる気のある子を伸ばす」方が本質に合っている気がする・・・。

事実、やる気のない子が授業の雰囲気を狂わせて、
やる気のある子の足を引っ張ることは、結構ある。


でも、ここは塾であって公の機関ではないから、会社だから、
営業の上では「やる気のないやつはくるな」とも言えなくて、
私たちのお給料は保護者さんたちからもらっているわけで・・・。

お金の関係から言ったらご家庭の方が私たちより断然上。

でも、実際サービスを与えるのは子どもたちであって、
立場は一応私たちの方が上。

でも、その子どもたちのバックにいるご家庭が私たちより上で・・・。


考えていくと、「教育」と「営業」の間でグルグル回って、
訳がわからなくなっちゃいます。


はあ。こんな頭で明後日の保護者会を迎えるのね・・・。
親御さんたちに何てプレゼンするって言うのかしら。

いっぱい悩んじゃいますね。



  1. 2006/02/10(金) 20:42:30|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

シゴトニツカレタトキハ・・・

にほんブログ村 教育ブログへ←もしよかったら、ポチリとおねがいします。

どうも、きょうこです。

最近、ホルモンバランスが悪いせいか、何事もやる気がわかない。
すっごく疲れている。

そんなときは、ネットでおもしろいフラッシュを探して見るんだけど、
これが、結構元気が出る。


最近のマイブームが、「もすかう」というフラッシュ。

ココ最近だと、「空耳系の中では一番面白い作品の中の一つでは?」
と言った声も多い・・・らしい。


夢見るアンディーさん・・・。ぷっ。


でも、この笑いが分かっちゃうと、
何だかあんまり知的ではないような気がするのは、
私だけでしょうか?

いずれにせよ、一度聞いたら頭を離れません。


あの名曲がこんなになっちゃうなんて、
2ちゃんねるってすごい・・・。

おもしろいフラッシュ「もすかう」はこちらからどうぞ。



  1. 2006/02/10(金) 14:22:47|
  2. ☆どーでもいい話☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

☆受験クラスに悪戦苦闘☆

にほんブログ村 教育ブログへ

どうも、きょうこです。


ここ一週間は、新しいクラスの授業でしたので、
緊張のしっぱなしでした。

何を隠そう、この業界に入ってまだ3ヶ月の新人です。
そして、受け持つクラスの大半が、中学受験クラス(苦笑)。

自然に体中に力が入ってくる訳であります。

さて、もともとは受験しないクラスの
「入門英語」を担当しておりましたが、
その授業は結構気楽なもんです。

「生徒さんが英語を好きになれば」それでOKなんですから。

対照的に中学受験クラスだと、
根性というものがまだ育っていない子どもたちに、
高校受験並み以上の知識を半ば無理やり詰め込むわけですから、
カナリの労力と力量がいります。

いままでは、ユルユルの先生キャラでやっていた私ですが、
お受験クラスはさすがにユルくはできません。

最大限威圧的に、怖く怖く・・・・。

とやっていると、授業が本当につまらない。
子どもの目が死んでいくのが、分かるんですね。


・・・やはり、私の純粋な「教え方」が悪いんでしょうかね?


なかなか、一朝一夕にはいかないですね、仕事ってのは。
研修時代に戻って、指導教案の書き直しですね(^^;)。




  1. 2006/02/10(金) 12:49:38|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音楽バカの古い記憶・・・

どうも、きょうこです。

今日は、中学受験しないクラスの、中学入門英語の日だったので、気が楽でした(^^)。
同じ仕事でも、大分疲れ方が違いますね。

受験クラスでは、なるべく怖い顔をして、
生徒たちには多少威圧的に勉強させるようにしていますが、
今日のクラスは「生徒さんが英語が楽しければいいや」って感じですので、
ユルユルで私も楽しいです。

だから、授業中もわりと生徒さんに自由に発言させてます。


さて、英語の授業ですので、挨拶も英語です。

私:「Mr.○○(生徒さんの名前)、How are you today?」
生徒さん:「I’m very tired,thank you.」
私:「Why do you so tired!?」
生徒さん:「え・・・、今日は塾に来る前に、一時間半ずっとドラムの練習してたから・・・。」


・・・おっと?!ドラムの練習!?

私一人で、何だかすごく懐かしくなってしまいました。

何を隠そう、高校生のときの私は、根っからの音楽(ブラバン)バカ。
別に全然上手でもないけど、音楽が大好きで、
勉強もせず、休みなしで毎日毎日部活三昧でした。

休みもないから、制服しか着ないので、
浪人の年は、予備校にきて行く私服がなくて困ったものです(笑)。

嗚呼、それにしても懐かしい。ドラム(Dr.)なんて単語、久しぶりに聞いた!!

さて、そんなこんなで、生徒さんの何気ない発言で、
私はすっかり郷愁に浸ってしまいました。

図らずも、帰り道、自転車に乗りながら、高校の時を思い出してホロリと泣いてしまいました。
「あの頃は楽しかったなあ~・・・。」なんて。

音楽って不思議なもので、思い出の曲を聴いたり思い出したりしただけで、
頭の中は何年も何十年も前の自分に戻るんですよね、楽しかった思い出とかに。

でも、現実世界では戻れていないから、何だか切なくて・・・。

なけなしのお金をはたいて、一昨年、クラリネットを買ったのですが、
私はあまり吹きません。

吹いた後、楽器のツバ拭きをしたり、キーや管体を磨いたりしていると、
涙が溢れて止まらなくなります。

楽器を吹いて、曲を演奏している時は楽しいのですが、
吹き終わって片づけをしていると、
夢が終わってしまったというか、現実に戻ってしまったような気がして、
たまらなく切ない。

だから、あんまり楽器は吹かない。
本当は大好きで仕方ないんですけど。

思い出って、甘くて切ないですね。

私は、音楽が、とくに吹奏楽が思い出のそのものなので、
電車の中で楽器のケースを持っている人を見かけるだけで、
涙が出てきます。・・・・軽く変態ですよね(笑)。




  1. 2006/02/09(木) 00:19:30|
  2. ♪音楽を愛し人を愛せ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どーでもよくないんですけど・・・

どうも、きょうこです。

昨日・今日は、受験クラスの初日なので、午前中をOFFにしました。
予習や、心の準備のために(われながら、こんな優雅なことしてちゃイケナイと思うけど)・・・。

そんなこんなで、前々から気になっていた仕事を一つ、やっつけました。


それは・・・。

うちの塾(ビル間借りしてるんだけど)の倉庫、
鉄筋に何だか見覚えのあるふわふわの建材がついているのを、
先日、発見してしまいました。

そして後で確認したのですが、我々の間では、
その倉庫、通称「石綿倉庫」と呼ばれているじゃあありませんか!!!

(((・∀・;))))))ガクガクブルブル!!!!

その倉庫、普段使っている教室の、戸一枚はさんだところにあって、
倉庫の中の石綿(?)は、一部が鉄筋から剥がれ落ちて、床を転がっている始末。

倉庫の中には、生徒さんに配布するパンフレットとかが一時保管されているんだけど、
その上にはジャリジャリの埃が降り積もってるし・・・。

戸一枚はさんだ向こうでは、生徒さんが授業受けてんのに!!!

あ・り・え・な・い・・・・・・・。


それで、今日時間が空いたので、うちの会社の相談室に電話しました。

うちの会社としても、全ての校舎の借りているビル対象に、
全力で石綿の調査しているらしいんですけど、
一日も早くこんな怖い状況、何とかなってほしいです。

ちなみに、うちのビルは1992年に作られているとかで、建築基準法改正後らしいので、
そんなにやばくはないんじゃないか・・・とか・・・。

詳しくは、本部が早急に調べてくれるということで、ひとまず安心????
でも、あの床に転がってるジャリジャリの綿埃は何なんだろう・・・。

いずれにせよ、今のところ真相は闇の中です



  1. 2006/02/07(火) 14:16:11|
  2. ☆どーでもいい話☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

報告いたします。

どうも、きょうこです。

今日、小6受験クラスの初日授業、終えてきました。
正直、思い通りの授業にはならなかったですね、はい。

新人とは言えども、やはりこれでメシを食ってる「プロ」としては、なんとも情けないです。
(雇用形態はアルバイトだけどさ、主たる収入は塾からですから・・・。)

本当は、受験生だから厳しく、「女王の教室」バリにバシバシ行きたかったんですけど、
何かフツーにユルくなってしまった(とりあえずウケてたけど・・・)。

完全には手綱が引ききれていないカンジ。

前任の先生は超ベテランで、黒板板書も宿題も全然ない先生でした。
授業の中の「話術」だけで、生徒さんたちの成績をぐんぐん上げてしまうような、
まさに「怪物」先生だったんです。

一方私は、スキル3ヶ月足らずの青ケツ先生★。
宿題たくさん出して、「場数を踏ませる」ことでしか成績上げられないし・・・。

宿題出したら、もちろん生徒さんからはもう反発!!
・・・有無を言わさずやらせるけどさ。

おまけに授業の終了時間を勘違いしていて、
後半メチャメチャおしちゃうし・・・。

何だか、前途多難ですわい・・・。




  1. 2006/02/07(火) 00:14:52|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ここ大一番!!

どうも、きょうこです。


中学受験は、一段落してまいりました。

お蔭様でうちの教室では、同じ塾(うちは割りと大手の塾で、他にもたくさん教室があります)の中でもトップクラスの合格者数を出すことが出来ました。

うちの教室始まって以来の好成績だそうです。

受験生を担当した先生の頑張りもそうですが、何より生徒とご父兄の方の頑張りの賜物でしょう。


さて、今年の受験が一段落したところで、新小6年生は、早くも来年の受験への準備です。

私は、なぜかこの業界に入って3ヶ月足らずなのに、小6の受験クラスの国語の担任になってしまいました^^;。

5年の受験対策クラスも受け持ってしまいました。

・・・・大丈夫なんでしょうか?

うちの室長いわく、「○○さんに是非お願いしたい。」といってくださってるんですが、
はじめ、抜擢された時にはとても嬉しかったのですが・・・。

正直、いまは超~ビビってます(≧へ≦;)!!

大ベテランの先生いわく、「小6受験クラスが、うちの塾の中で一番難しいクラス」だそうです。

大学・高校受験と違って、中学受験はご父兄の影響力もすごく大きい受験。

生徒さんのみならず、親御さんにも信頼してもらわなければ、
かわいい教え子たちを合格させることが難しくなってしまいます。


・・・本日夕方からが、その小6受験クラスの第一回の授業です。
一回目の授業って、その一年間の授業を左右する、大事な授業ですよね?

本当に、緊張で食事ものどを通らない・・・っていうか、食欲がないですね。


まあ、先生がそんなんじゃ生徒もついてこないでしょうから、
気分転換して頑張ります。

またおって報告します。




  1. 2006/02/06(月) 14:12:45|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ありときりぎりす

どうも、きょうこです。


今日も例のごとく、一日大体10時間労働です。

労働基準法どおりに働いていたら、とてもじゃないけど食べていけないので、
安いお給料ですが、必死に毎日働きます。

・・・・誰か養ってくれないかな^^;。

もし次生まれ変わったら、絶対アラブの石油王の家の娘に生まれてやるぅ!!

それと対照的なのが、私の彼。

今朝も、私が朝ご飯も食べずに、いそいそと出勤の支度をしている横で、
彼は友人から借りたクラッシックギターを弾いて、楽しそうに遊んでいます。

・・・・世の中って不平等だよね(笑)。
この不条理感は、もう慣れたけどさ。

そんな彼の姿を見て、どこかで見たことがあるような・・・・。

そうだ!

小さい頃に絵本に出てきた、
「ありときりぎりす」のきりぎりすさんだっ!!

・・・・それで私はありさんか?
何だか、メチャしっくりくる(笑)。

そうか、私の彼はきりぎりすさんだったんだ☆彡

私のこと大事にしないと、冬が来て食べるものがなくなっても、助けてあげませんよ~だ♪



  1. 2006/02/04(土) 14:11:08|
  2. ☆恋の話☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

アリガトウノキモチ

どうも、きょうこです。

私は塾の先生なので、毎日帰りが遅いです。

時間講師(要はアルバイト)なので、フリーターなんです。
一応、通信制の大学に籍はあるから、肩書きは学生だけど・・・・。

だから、生活は厳しいから、塾のほかにもテレアポのバイトもしてます。

基本は、朝~昼はテレアポ、夕方~夜は塾というかんじのWワークです。
本当、「朝から晩まで」って感じです(社会人なら当たり前なんだろうけど)。

正直、仕事のほかには何にも出来ない。本当に。

食事も外食ばっかりになるし、洗濯物も手が回らないし、部屋もかたづける余裕はないし、
下手したらお風呂も入る気力はないです(割と下手しちゃいます^^;)。

それとは対照的に、私の彼は学生で、実家も裕福だから、全然働かない。
もうじき卒業で、もう春休みだから、本当にヒマ人なんです(怒)。

彼とはずっと一緒に住んでいるので、私が忙しくなった初めの頃は、
ヒマそうにしてるのを見ると、腹が立ってしょうがなかった。

私は、睡眠時間も充分じゃないし、身体は常に疲れているし。
でも彼は、ヒマとは言えども家事は何一つ満足にできない(いや、やらない?)し・・・。

本当悔しくて、はじめのうちは毎日陰で泣いてました。

そういう感情って、相手にも伝わるようで、
私が毎日泣いてた時期は、彼もすごく冷たかった。

だからお互いいつも、ケンカにはならないまでも、冷戦状態・・・。
本当毎日つらかったです。
「別れ?」の文字が頭の中をグルグル回る始末。

すごくバカバカしいですよね?好きな相手がいつの間にか苦しみの対象になるなんて。

本当は、いてくれるだけでありがたいのに。
毎日、誰もいない部屋じゃなくて、誰かが待っていてくれる暖かい部屋に帰れるだけで、
すっごく幸せなのに・・・。

ある日、そこに気がついたら、ウソのように吹っ切れました。
そしたら、全然悔しくなくなりました。

「アリガトウ」のキモチが、自然と沸いてくるようになりました。

そうすると、そういう感情もまた、相手に伝わるようで、
彼の表情がすごく輝いて、優しくなりました。

180度ひっくり返って、苦しみの対象から、喜びの対象になりました。

アリガトウのキモチって、魔法のキモチなんでしょうね。



  1. 2006/02/03(金) 14:08:40|
  2. ☆恋の話☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中学受験☆一喜一憂

どうも、きょうこです。

中学受験は、いよいよ合格発表ラッシュとなってきました。
私は事務の手伝いがあったので、今日は11時と早めに出勤です(時間講師なので)。

子供たちはこの時期、毎日のようにどこかの受験があり、
毎日のように合否発表もあります。

その日の試験の出来の報告、合否結果の報告、そして何より先生の顔を見るため、
毎日のように塾に来て勉強していきます。

そして塾には、一日何十本も、合否を知らせる電話がかかってきます。

「うかったか?!オメデトウ!!本当、よくやった。」
「ダメだったか・・・。気持ちを切り替えて明日の試験を頑張れ!!」

その電話のたび、教室中がわきかえったり、静まり返ったりと、一喜一憂です。

合格した子、不合格だった子。
どちらの子の目にも、キレイな涙が光ります。

その様子を見ていると、私まで泣いてしまいそうになります。

子供たちにとっては、きっと、生まれてはじめての「一生懸命」。
受験を経験していくことで、秋の頃より、一回りも二回りも、大人の顔つきをしています。

私はまだ、秋に先生になったばかりなので、今までは受験生は持っていませんでした。
でも今月から、新小6の受験生を受け持つことになります。

来年の私の教え子たちには、どうか、喜びの涙を教えてあげられるようになりたいです。



  1. 2006/02/02(木) 14:04:32|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雨ニモ負ケズ・・・。

どうも。きょうこです。

こんなんでも一応、塾の先生な私は今朝、
中学受験の「門前激励」とやらに行って参りました。

冷たい雨の中、保護者に付き添われて、まだまだあどけない子供たちが、
勝負の場(受験会場)に飛び込んでいく様子を見て、感無量・・・でした。

ほとんどの子が、この中学受験が、それぞれの人生で、はじめての大勝負でしょう。

塾生を見つけたら、一人ひとり肩を抱いて、固く握手をして、
「頑張れ!頑張れ!」と心からの声援を送ります。

子供たちを送り出した後は、「うちの塾の子だけは、みんな合格させてください!!」
なんて、神様に祈ってしまいたくなります。(・・まあ、世の中そんなに甘くはないわけですが。)

さて、塾業界に対しては、「そんな子供のうちから勉強ばかりさせて・・・。」と、
眉をしかめる方が時折いらっしゃるようで、私もごくたまに、他の業界の友人から
そんなことを言われたりもします。

確かに、子供の受験というと、とかく周りの大人が一生懸命になって、
子供にハチマキ巻かせて、夜もろくろく寝かさないで受験戦争を強要して・・・。
なんてイメージが先行している感は否めないでしょう。

私もこの業界に入るまで、そういった色眼鏡で見てました。

でも、実際現場にいて思うのが、そういった偏見って、受験戦争のマイナス面ばかり見て、
プラス面を全然見ていないな、ということです。

物事に情熱を持って一生懸命取り組んでいる子供の目って、すごく輝いているし、
何にもしていない子より、そういう子の方が元気があると思うんです。

さながら、部活に燃える中高生のようですね。

そういう子供って、大人の私が一緒にいても、すごく楽しいし、元気になれるんです。
生きるエネルギーに溢れていて、キラキラ輝いている。

逆に、受験戦争に過度のアレルギーを持っている大人が、「そんな子供のうちから・・・。」
といって、子供の勉学に対する向上心をつぶしてしまっているケースもあるように、
私には見えるのですが、いかかでしょうか?

現場にいて思うのですが、そういう子はどこか冷めて見える。
・・・元気がないというか、糸の切れた凧のよう。
きっと、燃えてないんでしょうね。

そういう子の人生の辞書には、「一生懸命」っていう文字はないですね。
生まれてからまだ「一生懸命」って言うのを、体験したことがないですから。

確かに、勉強がからっきしダメな子供に、周りの大人が過度の期待を寄せて
無理を強いるのは絶対によくないです。

でも、情熱をもって「一生懸命」やってみるという体験は、
なるべく多くさせたほうがいいと思います。

私自身の体験から言っても、受験勉強って、やってる時はかなりつらいし大変だけど、
今になって思うと、「一生懸命になれて、すごく楽しかった」って思います。

これから、本格的な受験ラッシュが始まります。
受験生のみんなには、「アメニモ負ケズ」、頑張って欲しいと思います。



  1. 2006/02/01(水) 13:56:46|
  2. ♪私の好きな仕事♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。